大塚美容外科で綺麗な二重に|悩む前に行動を

レディー

シミの無い肌を手に

女の人

しみ治療法

皮膚科で行うシミ取り治療の特徴は、シミを消す効果の高いレーザーを肌に照射してシミを薄くするレーザー治療が代表的なものです。その他にも体の内側からシミを薄くする効果を発揮する内服薬を服用したり、直接シミに塗るとシミが薄くなる外用薬を塗ったり、栄養不足を補う為にビタミン剤の処方などがあります。特にシミ取りに高い効果を発揮するのはレーザー治療と言われており、事実適切なレーザー照射が行われればシミは数日後には消失してくれます。ただ、大阪の皮膚科でレーザー治療を受けてシミ取りを行っても数十年後に、再発することがあります。これを予防する為には、紫外線対策を行うことが大切であり、日焼け止めをこまめに塗ることや定期的に大阪の皮膚科に通院することが必要です。

シミに応じた治療を

顔にできるシミには、様々な種類があることを知っておきましょう。そこで、シミができてしまったら、まずは大阪の皮膚科に行きどの種類のシミができているのか診断を受けることが大切です。シミには、加齢や長く紫外線を浴びることによってできてしまう老人性色素斑と呼ばれるシミが代表的なものです。しかし、その他にもそばかす・太田母斑・脂漏性角化症・肝斑などがあります。顔にできるシミの中には、複数のシミが折り重なって濃い大きなシミになっていることがあります。そして、シミはできる原因に違いがあるので、当然治療法にもそれぞれのシミに応じた治療を行う必要があります。もし、シミの種類を間違えて合わない治療を行うとより、濃く大きなシミになってしまうことがあります。気になるシミができた場合は、シミ取りよりもまずは大阪の皮膚科で診察を受けましょう。