大塚美容外科で綺麗な二重に|悩む前に行動を

レディー

切らずにワキガを治す

脇

切らないメリット

昔は、病院でワキガ治療を受けた人を一目で見分けることができました。なぜかというと、そういう人は必ずわきの下の目立つ傷跡が残っていたからです。たかが臭いの問題と軽く考える人が少なくありませんが、ワキガであることは本人にとってかなり大きなコンプレックスになりえます。いくら治療を受けて臭いの発生を抑えることができるようになったとしても、わきの下に目立つ手術痕が残ってしまうと別のコンプレックスを抱え込むことになります。そうならないようにするためには、切らずに臭いの発生を抑制できる治療方法が必要です。その要請に応えるために考案されたのが、ボトックス注射を打つ方法やミラドライです。いずれの方法で治療を受けた場合も体に傷跡が残らないため、余計なコンプレックスを背負い込まずに済ませることができます。

今大人気の方法

切らないワキガ治療の方法としてまず採用されるようになったのは、ボトックス注射を打つ方法です。注射を打つだけという手軽な方法でワキガの臭いを抑制できるようになるのですから、人気が出るのは当然のことです。ただし、この方法で治療できるのは、ワキガの症状が比較的軽度の人だけです。また、臭い抑制効果の持続期間は概ね半年間程度です。ワキガの症状が中度から重度の人はこの方法を利用することができませんし、効果持続期間が短いことに不満を感じる人がたくさんいました。その難点を解決することができたのがミラドライです。ミラドライは、マイクロ波を使って汗腺を破壊するワキガ治療の方法です。症状がかなり重い人にも効果がありますし、臭い抑制効果が長期間持続します。傷を作らずにワキガを根本的に解決することができるという理由で、ミラドライを利用する人が増えています。